イメージ画像

青汁を飲もう!野菜不足が引き起こす害とは?

「野菜不足は健康を害する」という知識は多くの方がお持ちだと思います。 私たちは子供の頃から、「野菜をたくさん食べなさい」と聞かされて育ってきました。

ですので、一人暮らしや結婚を機に親の手元から離れると、多くの方が 「自分は野菜不足なんじゃないか」と不安や罪悪感を感じてしまうのではないかと思います。 それでは、野菜不足は具体的にどのような点が体に悪影響なのでしょうか?

野菜には様々なビタミンが含まれていますね。 野菜不足によって引き起こされてしまう不調は、多くがこのビタミン不足によって引き起こされています。

ビタミン不足は免疫力を低下させてしまうので、みじかな不調としてまず挙げられるのは 風邪や肌荒れなどの症状だと言えるでしょう。

実際に食生活での不摂生が祟って風邪をひきやすくなってしまった、 または肌トラブルが起こってしまった経験をお持ちの方も多いはずです。

また、ビタミン不足は心にも悪影響を及ぼします。 意外に思われるかもしれませんが、野菜不足が続くことで鬱状態になってしまうケースもあるのです。

さらにビタミンやβカロチンの不足によって血行不良が引き起こされてしまうこともあります。 血行不良は様々な病気の引き金になってしまいますね。 ガンや糖尿病、高脂血症、心疾患などの原因も、元をたどれば野菜不足が原因であることもあります。

また、野菜には食物繊維が含まれていものも多く、便通の改善につながります。 逆に野菜不足によって便秘に悩まされる方も多いのではないでしょうか?

このように、野菜不足が私たちの健康に及ぼす悪影響には様々なものがあるのです。 これらのリスクを回避するためにも、一刻も早い野菜不足の解消が必要だと言えるでしょう。 深刻な病気の話になると、なんとなく自分とは遠い物事のように感じてしまうかもしれません。

しかし、今日食べたものは確実に未来のあなたを形作っていくのです。 青汁の習慣は、そんな現代人の悩みにマッチした理想的な健康食品だといえるのではないでしょうか?

このページの先頭へ