イメージ画像

青汁の歴史について

青汁はいつ頃からこの日本に存在していたかご存知でしょうか? 多くの方は1990年代頃、「あー!まずい!もういっぱい!」という 強烈なフレーズのテレビコマーシャルで青汁の存在を知ったのではないかと思います。

ですので、青汁自体の誕生も1990年代ごろなのでは?とお考えの方も少なくないでしょう。 ところが、青汁の歴史はみなさんが思っている以上に長いものなのです。

それでは、もう少し昔の青汁についてお話しいたします。 1990年代、あのコマーシャルと共に知名度を上げた青汁は、 様々なバラエティ番組での罰ゲームとして取り上げられるようになりました。

じつはそれより以前に、九州地方やとくに健康意識の高い方々のみが知る マイナーな健康食品として青汁は長く存在していたのです。

いつ頃、「青汁」というものが誕生したのでしょうか。 それは戦時中や戦後におこった深刻な食糧不足のなかから生まれました。

青汁を生み出したのは青汁の父とも呼ばれる遠藤仁郎博士という方で、 葉ものに栄養素が含まれていると着目した博士が 食糧難にあえぐ周辺の人々に配ったことが始まりだと言われています。

もともとは大根の葉を使って作られたと言われる青汁ですが、 戦後、博士は青汁に関する研究を進め、最終的にケールと呼ばれる緑黄色野菜を 100パーセント含んだ青汁に行き着いたとされているのです。

みなさんがテレビコマーシャルで見にした「まずい!」と言われる 青汁の味には、このケールによる苦味が大きく影響しています。

ケールは今でも青汁に頻繁に含まれる三大原材料として有名なのですが、 近年ではさらに飲みやすく改良が重ねられ、小さなお子様でも飲めるような青汁も登場しています。 90年代にあった「まずい!」というイメージも、歴史を重ね流うちに払拭されてきていますね。

昨今の健康ブームによって、いっときのイメージからは考えられないほどの多くの人々が青汁を愛飲するようになりました。 健康や美容への効果の高さ、またライフスタイルや目的によって選択できる種類の多さが評価された結果だと言えるでしょう。

このページの先頭へ